お客様はどれくらい呼べるの?

少人数はどこからどこまでか

親せきや友人の中から、本当に呼びたい人だけを呼ぶ結婚式を家族婚と言います。結婚式の準備をする時のわずらわしさが嫌な人や、低予算で済ませたい人、アットホームな式にしたい人など、様々な理由から家族婚というスタイルが選ばれているんですよ。少人数制の結婚式と言っても、招待するゲストの人数には結構幅があります。最も人数が少ない場合は10人以下、多い場合でも40人くらいです。家族婚のプランで選べる結婚式のスタイルもたくさん用意されているので、ゲストの客層や年齢、招待する人数に合わせて最適なプランを選びましょう。家族婚に対応した式場も増えていますから、専門のコンシェルジュに費用やスタイルなど相談してみてはどうでしょうか。

人数に合わせた家族婚

特に親しい友人や両親など、身近な人だけを呼んで数人規模の結婚式をしたいなら、シンプルな食事会形式が合っています。大きな披露宴会場では招待したゲスト一人一人に挨拶をしたり、ゆっくり会話をする時間もありませんよね。でも、食事会形式なら美味しい食事を楽しみながら、ゆっくり話す時間が持てます。もう少し人数が増えた場合は、アットホームなパーティーにしてもいいでしょう。参加するゲストが少ないなら、その人の食事の好みやアレルギーなどに配慮した料理を提供しやすくなります。費用をカットするために演出面では簡略されがちですが、手作りのグッズやサプライズ演出などを効果的に加えることで、ささやかでも記憶に残る式になりますよ。

家族挙式とは、新郎新婦の両親や兄弟姉妹など身内のみで行う結婚式のスタイルです。ちょっとした食事会で済ませる場合もありますが、挙式プランとして取り扱っている結婚式場もあります。

© Copyright Romantic Relationship. All Rights Reserved.